2007年から医療レーザーのヒゲ脱毛に通っています。

管理人ことサイトウは、10代の頃からヒゲ剃りに関する悩みやコンプレックスを抱えていました。

色白で髭そりの跡が青々と目立ち、それを避けようとT字カミソリで強く剃るたび血がにじんで赤くなり、余計に酷い顔になります。

当時の僕の第一印象は間違いなく「ヒゲの汚い人」だったはずです。

そのうち他人の目が気になり、顔を隠すために無意識にうつむいたり手や服で口元を隠すことが多くなりました。姿勢も悪く表情も暗かったと思います。

金融機関に就職し営業部に配属されてからは、朝礼での身だしなみチェックの際に、同僚の前で名指しでヒゲを注意されたこともあります。さっき剃ってきたばかりなのに…。


注意されたりからかわれたりするのが嫌で、毎朝早起きして時間をかけて入念にヒゲを剃るのですが、どうしても思ったように綺麗になりません。日焼けすればヒゲが目立たないかも…などと思いましたが生まれつき色白なのでそれもできず。

もう諦めるしかないのか、一生うす汚い青ひげと騙し騙し付き合っていくしかないのか…。悲嘆にくれ、こんなヒゲに産んだ親を恨んだこともありました。鏡を見るのが嫌で嫌で、もう死にたいとさえ思うこともありました。

ところが。

人生の転機とは突然やってくるもので、あるきっかけで病院のレーザー脱毛治療を受けた私は、それからわずか半年後にはツルツルの顔に変身することができました。通院するごとに目に見えてヒゲが薄くなっていく、あの時の感動は今でも忘れることができません。

それからの僕は以前とは別人のように、人前で堂々と顔を上げて話せるようになり、表情も明るくなり、自分に自信が持てるようになったのです。文字通り「別人へと変身」と言ってよいでしょう。

そのせいもあったのか営業の仕事もそれまでより上手く運ぶようになりましたが、「もっと早くレーザー脱毛というものを知っていれば、あんなに苦しい思いをする必要もなかったのに…」と激しく後悔したのも事実です。

その後何年か経ち、ヒゲがうっすら復活してきましたので再び病院に通い始めました。年1回の通院でツルツルを維持でき、現在はとても晴れ晴れとした毎日を送れています。

このサイトには僕自身の「一度脱毛して数年後に復活したヒゲの様子と再び病院に通った時の記録」、そしてサイト読者さんの「はじめてのヒゲ脱毛の記録と感想レポート」、それから普段はなかなか聞けない「病院関係者の本音」が載っています。


ネットでヒゲ脱毛の情報を集めていると、適当なランキングをでっちあげて読者さんの無知につけこんでいる宣伝サイトが多いことに強い憤りを感じます。

例えば、エステでは永久脱毛はできません。ご存知でしたか? 多くのランキングサイトではそのことを巧妙にぼかしてエステの宣伝をしています。おかしいと思いませんか? 脱毛してもまたすぐ生えてくるなら通う意味が全くありません。利用者の気持ちを考えたらとてもそんなサービスはお勧めできないはずです。

僕はこのサイトへ正直な体験談を書くことで、ヒゲ脱毛に興味がある皆さんの背中を押し、迷いを晴らすお手伝いができればと思っています。病院のヒゲ脱毛は間違いなく効果はあります。安心して下さい。痛みなどのデメリットや、実際にいくら費用がかかるのかといった注意点もどこよりも詳しく正直に書いています。当サイトに共感し協力して下さる読者さんたちの通院記録もたくさん載っています。

当サイトは、都合のいい言葉を並べて読者を騙す自作自演のランキングサイトとは運営に対する姿勢や想いが全然違います。

昔の僕と同じようにヒゲが邪魔で困っている皆さん、自分の顔に自信がなく鏡を見て辛い思いをしている皆さんが正しく脱毛できるよう、病院選びのお役に立てればこの上ない喜びです。

かつて誰よりも汚いヒゲに苦しみ、鏡を見て死にたいとまで思っていた管理人・サイトウより


【動画】レーザー脱毛の治療風景


↑読者モニターさんの大石さんがレーザー脱毛を受けている動画です。


【音声】読者さん脱毛感想インタビュー


↑読者モニターの小沢さんに脱毛の感想を聞いてみました。(4回目の通院後)


2017年現在、脱毛ランキングサイトを見て思うこと

男性の脱毛をめぐる市場はここ数年でびっくりするような勢いで拡大しています。

僕がこのサイトを作った当時は根拠不明な怪しい比較サイト・ランキングサイトだらけで、医療機関への取材や医師の監修に基づく正しい情報は全然目に入らない状態でした。
効果のない脱毛エステサロンがお金にものを言わせた圧倒的広告量で認知度を上げており、僕が「脱毛といえば最初に浮かぶお店は?」と知人に質問すると、大抵は大手エステサロンの名前を挙げる…という状態で、信じがたいことに、中には病院とエステを一緒のランキングに並べているようなサイトもありました。実は全然別のサービスなんですけどね。

男性陣に分かりやすいようあえてお下品な例えを出すと、「キャバクラとソープを同じランキングに並べて順位をつけているようなもの」だと言えば、それがどれだけ当てにならないかイメージは伝わるでしょうか。そもそも、お店が提供してるサービスやお客さんの目的が根本的に違うだろ!とツッコミたいですよね。

今ではそういった不誠実な比較サイト業者もある程度は駆逐されるようになり、どこのサイトを見ても通り一遍の医学的情報やリスクへのガード文言は載っているように思います。またエステと病院の違いも周知されてきました。

それでも残っている問題は「おすすめランキング」というやつでして、特に数字的な根拠もなく「当サイトのおすすめ!」とだけ掲載しているものは、かなり怪しいと考えていいでしょう。

「人口カバー率ランキング」とか、「来院者1人あたりに対する在職看護師の人数比ランキング」、「脱毛1回あたりのコストパフォーマンスランキング」といった数値的根拠があるものはいいのですが、そういった説明が何もなく「おすすめ!」とは、何を理由に言ってるんでしょうか?

僕もそういったサイト宛に何度かメールで質問していますが、まともな答えが返ってきたことは一度もありません。無視されるか、「当サイトが独自に集計しています」みたいなことしか言いませんので、要するに自作自演の回し者ですよね。サイト利用者の利益より、サイト運営者もしくはランキング上位のサロンの利益を優先しているだけじゃないでしょうか。

せっかく当サイトをご覧頂いているあなたには、ちょっと時間がかかって恐縮ですけど、ぜひ読者さんの体験レポートを何本か読んでみて欲しいと思います。

「行ってみたら予想とかなり違った(いい意味で)」「効果が出始めるまでにこれくらい時間がかかった」といった生のレポートがたくさん載っています。
僕自身、たくさんの病院に通って脱毛した上で、医師や看護師、カウンセラーにもしょっちゅう取材を行い、情報の精度を高めています。医学的な内容を書く時には医師のチェックを受けたり、病院へ問い合わせを行ったりしていますので、いわゆる「まとめサイト」と比べると安心してお読みいただけるサイトになっているのではないかと思います。十分に下調べして、納得した上であなたにあう病院・クリニックで脱毛してください。

あなたが1日も早く汚いヒゲとお別れできるよう、当サイトが少しでもお役に立てば幸いです。


管理人・サイトウのおすすめ記事

管理人が通った病院の比較表

管理人のヒゲプロフィール

管理人の通院レポート・経過写真

Return Top